研究体制

参画機関

ここでは、このプロジェクトに参画している機関について紹介します(括弧内は略称)。

研究体制

  • このプロジェクトでは産総研、及び大阪大学に集中研究所(集中研)を設置し、森村グループの積
    極的な連携の下、グループ各社より集中研に研究者を派遣し、派遣先の研究者とともにプラットフ
    ォーム技術の開発に参画します。
  • また、開発したプラットフォーム技術を基に、それぞれの得意分野の出口部材について部材化技術
    の開発を行い、得られた部材化技術の成果を基に各社において出口部材の実⽤化を図ります。
  • これにより、装置導入のための多重投資を避けることができる、プラットフォーム技術の課題解決
    に共同で取り組むことができるなど、研究開発を効率的に進めることができます。

研究体制