イノベーションスタイル

イノベーション検討委員会

  • このプロジェクトでは、事業実施者に外部有識者などを交えたイノベーション検討委員会を設置し、
    戦略的なイノベーションスタイルを目指します。
  • イノベーション検討委員会では、製品の新たなニーズを集め、技術シーズとの最適マッチングを図
    り、開発指針を検討するとともに、従来気がつかなかった新しい価値(デライト)を有する製品に
    ついての探索も行います。
  • この指針を受け、プラットフォーム技術を基に、森村グループ4社の積極的な連携の下、革新的な
    セラミックス製品群創出に向けた「企業主導型」イノベーションスタイルを試みます。
  • 同時に、産総研、大阪大学、JFCCなどの公的研究機関ネットワークを活⽤し、中小・中堅企業
    などを対象に、開発事例の紹介、異業種との交流を行うとともに、ニーズの発掘や開発技術・出口
    製品についての多角的な要望や意⾒などを集約し、イノベーション検討委員会に反映させます。さ
    らに、プラットフォーム技術を可能な範囲で、地域公設研究所等と連携しつつ、地域産業に提供す
    る「公的研究機関主導型」イノベーションスタイルも同時に展開します。
  • これらにより、潜在的ニーズの掘り起こしや新しい製品コンセプトの創案が促進され、新規事業や
    ベンチャーの創出、雇⽤の拡大、地域産業の活性化、国際競争力の強化に繋がることが期待できま
    す。
  • また、このプロジェクトでは、体験学習、出張講習・講義等により次世代のセラミックス産業を担
    う人材の育成も積極的に行います。
  • ここでは、3D造形、ハイブリッドコーティングにおける
    公的機関を活用した成果の普及・展開
    コーティング拠点(産総研つくば)の構築

    にむけた計画や活動例を紹介します。

イノベーション検討委員会